医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた彫師の男性(32)について、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は16日付で、検察側の上告を棄却する決定をした。罰金15万円とした一審判決を破棄し、逆転無罪とした二審判決が確定する。タトゥー施術が医師法違反にならないと最高裁が判断したのは初めて。
 一連の裁判では、タトゥーを客に施すことが医師法で定められた医師免許を必要とする「医行為」に当たるかが争われた。小法廷は、医行為について「医療および保健指導に属する行為のうち、医師が行うのでなければ保健衛生上、危害を生じる恐れのある行為」と定義。「タトゥーは医学とは異質の美術に関する技能を要し、医師が独占して行う事態は想定し難い」と述べ、医行為には当たらないと結論付けた。
 補足意見で草野裁判長は「施術に伴う危険防止のため法規制を加えるのが相当なら、新たな立法によるべきだ」と述べた。
 男性は2014年7月~15年3月、大阪府吹田市のタトゥースタジオで、女性客3人にタトゥーを施したとして略式起訴された。
 一審大阪地裁は17年9月、入れ墨は皮膚障害などを引き起こす危険性があり、医行為に当たると判断して有罪とした。これに対し、二審大阪高裁は18年11月、「タトゥーは装飾的な要素や美術的な意義があり、医療を目的とする行為ではない」として逆転無罪とした。 (C)時事通信社