ジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者(78)は18日朝、しっかりとした足取りで捜査車両に乗り込み、自宅から警視庁に連行された。眼鏡にマスク姿で、ジャケットの下に同社商品だった磁気ベストとみられるものを着用していた。
 午前6時半、東京都文京区にある山口容疑者の自宅に警視庁の捜査員らが入った。約1時間後、同容疑者が捜査員に連れられて姿を現した。
 格子柄のシャツ、暗い色のズボンにグレーのジャケット姿。ジャケットの下から、黒のベストのようなものがのぞく。ジャパンライフが商品として取り扱っていた磁気ベストとみられる。白髪交じりの髪は整えられ、茶色いレンズの眼鏡とマスクを身に着けていた。
 詰め掛けた報道陣から「返金できないと分かっていて金を集めたのか」「安倍前総理とはどういう関係か」などと質問が飛んだが、一切答えず、無言のまま捜査車両に乗り込んだ。 (C)時事通信社