世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子さんが19日、117歳261日を迎えた。厚生労働省などによると、確認できる範囲で、2018年に亡くなった鹿児島県喜界町の田島ナビさん(117歳260日)を抜き、国内の歴代最高齢を更新した。
 田中さんは1903(明治36)年1月2日、福岡県和白村(現・福岡市東区)に生まれ、英ギネス・ワールド・レコーズ社が「存命中の世界最高齢」に認定している。炭酸飲料やチョコレートが好物といい、現在は福岡市内の老人ホームで暮らす。
 福岡県は19日、田中さんの長寿を祝い、小川洋知事からの祝い状や記念品を施設職員を介して贈呈。田中さんは早速、記念品の久留米絣(がすり)のブランケットを膝にかけ、喜んでいたという。 (C)時事通信社