【エルサレム時事】イスラエル国防省は21日、新型コロナウイルスの感染拡大で病床が逼迫(ひっぱく)している事態を受け、ガンツ国防相が「野戦病院」の開設に向けた準備を進めるよう軍に指示したと発表した。国防省は当面想定する規模について「200床程度」と説明している。
 イスラエルの感染者数は累計で19万人を超え、全人口の2%以上に達した。罹患(りかん)率は世界最悪の水準で、エルサレムなどの一部の病院では感染患者の新規受け入れ停止を余儀なくされているという。
 状況悪化を受け、全土で18日から3週間、ロックダウン(都市封鎖)の措置が取られた。通勤や食料の買い出しなどを除き、自宅から1キロ以上離れた場所への移動が禁止されている。 (C)時事通信社