【ワシントン、北京時事】トランプ米大統領は22日午前(日本時間同日夜)、国連総会の一般討論演説で、新型コロナウイルスの感染拡大について、中国の初動対応が原因だと批判し、「国連は責任を取らせなければならない」と強調した。これに対し、中国の習近平国家主席は「政治化には反対だ」とけん制。録画映像で行われた演説で、米中首脳が応酬する形となった。
 トランプ氏は「中国ウイルス」の呼称を使い、「この疫病(新型コロナ)を世界に解き放った国は中国だ」と非難した。「当初、国内移動を封じる一方で、国外への渡航は認めて世界に感染を広げた」と指摘。「中国と世界保健機関(WHO)は人から人への感染の証拠はないと誤った主張をした」とも語り、中国の責任を繰り返し追及した。
 11月の大統領選で再選を目指すトランプ氏は、自身のコロナ対応が批判にさらされており、中国に責任転嫁を図る狙いがある。
 トランプ氏は「米国第一」の方針を改めて称賛し、「あなた方も『自国第一』にすべきだ」と各国に呼び掛け、多国間外交の中心である国連で、国際協調を軽視する姿勢を見せた。演説の規定時間は15分以内だったが、約7分間で切り上げ国連への冷淡な姿勢が浮き彫りになった。
 一方、習氏は「(新型コロナの)政治化や(中国に)汚名をかぶせることに反対だ」と強調。新型コロナのワクチンについて「使用可能になれば、国際公共財として優先的に発展途上国に提供する」と述べ、トランプ氏とは対照的に国際協調をリードする姿勢をアピールした。 (C)時事通信社