【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は23日(現地時間22日)、国連総会で映像を通じた一般討論演説を行った。文氏は演説で、新型コロナウイルスに関連し、韓国や中国、日本などに北朝鮮を加えた「北東アジア防疫・保健協力体」の創設を呼び掛けた。
 医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な北朝鮮を支援する多国間協力の枠組みを設けることで、文氏は停滞する南北協力を再び進めたい考えとみられる。ただ、対韓政策で強硬姿勢に転じた北朝鮮が呼び掛けに応じるかは不透明だ。 (C)時事通信社