日本医師会は24日の定例記者会見で、政府が新型コロナウイルスへの対応として特例的に認めている初診からのオンライン診療をめぐり、「有事における緊急の対応」と位置付けた上で、今後のさらなる拡大に関し「特例の検証結果を踏まえ、改めて安全性・有効性について確認しつつ検討すべきだ」と慎重な対応を求める見解を発表した。
 中川俊男会長は会見で「初めて会う人の診断をオンラインで行うリスクは計り知れない」と指摘。菅義偉首相がオンライン診療拡大に意欲を示していることについては、「真意を測りかねているが、特例的な緩和を一気呵成(かせい)に恒久化するわけではないと思う。できることを一つ一つ合意形成し、拡大できるものは拡大する方向であるべきだと繰り返し申し上げたい」と語った。 (C)時事通信社