脳性まひなど脳障害のある子どもに、きょうだいの臍帯(さいたい)血に含まれる細胞を投与し、症状改善を目指す高知大の臨床研究計画を、厚生労働省の専門部会が24日、了承した。
 臍帯血は母親と赤ちゃんをつなぐへその緒と胎盤に含まれる血液で、白血病治療などに用いられている。
 研究計画によると、投与対象は脳性まひなどの1~6歳の8人。きょうだいの臍帯血が民間バンクに保存されており、免疫の型の一部が一致することが必要で、細胞を輸血で投与し、安全性と効果を検証する。 (C)時事通信社