厚生労働省は25日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師11人と歯科医13人の計24人を業務停止などとする行政処分を決定した。発効は10月9日。
 厚労省によると、国に無許可で人から脂肪幹細胞を採取し培養する再生医療を行った大阪府茨木市の伊井正明医師(53)が業務停止2カ月の処分となった。他に、診療報酬の不正請求や大麻所持などで医師8人・歯科医12人が業務停止3カ月~3年の処分となった。また、無免許運転などで医師2人、歯科医1人が戒告とされた。
 分科会には29人が諮問され、残る5人は厳重注意となった。 (C)時事通信社