【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、同社の肺がん治療薬研究の成果をバーチャル形式の欧州臨床腫瘍学会(ESMO)で報告したと発表した。報告されたのは第3相ALTA・1L試験で検討した未分化リンパ腫キナーゼ遺伝子変異陽性(ALK+)転移性非小細胞肺がん(NSCLC)治療薬の「ALUNBRIG」(ブリガチニブ)と、第1、2相試験で検討した上皮増殖因子受容体(EGFR)エクソン20挿入変異を有する転移性NSCLC(mNSCLC)治療薬の「モボセルチニブ」(TAK-788)。サブ解析によれば、ファーストライン治療薬として米食品医薬品局(FDA)から承認済みのALUNBRIGはクリゾチニブと比較して、頭蓋内病変の病勢進行までの期間が有意に延長した。10カ月間の追跡調査から、モボセルチニブによる奏功期間の延長が示され、既報の結果が再確認された。(C)時事通信社