総務省消防庁は29日、8月に熱中症で救急搬送された人が全国で4万3060人に上ったと発表した。前年比6305人増で、死者は81人だった。2008年の調査開始以降、8月の搬送人数として過去最多となった。
 各地で晴れて気温が高くなり、猛烈な暑さが続いたことが影響したとみられる。搬送された人のうち、65歳以上の高齢者が57.9%を占めた。 (C)時事通信社