政府は29日、新型コロナウイルス感染症対策分科会の下で歓楽街での感染防止策について話し合うワーキンググループ(WG)の第2回会合を開き、「夜の街」で働く人のプライバシーに配慮した検査体制を検討することで一致した。西村康稔経済再生担当相はこの後の記者会見で、「風評被害などもある。事業者と信頼関係をつくりながら取り組めるよう考えたい」と説明した。
 西村氏は会見で、具体的な対策として、歓楽街から一定程度離れた場所への検査所の設置や、移動車両を用いた検査の実施などを例示。歓楽街で働く人が検査を受けやすくするため、今後調整を進める考えを示した。
 WGでは、ホストクラブなど夜の街の飲食店経営者らから意見を聴取。沖縄県や東京・新宿で現地調査を行うことを決めた。 (C)時事通信社