【ビジネスワイヤ】米インターネット通販大手のアマゾンは、ベスト・バイ、マッキンストリー、レアル・ベティス、シュナイダーエレクトリック、シーメンスが「クライメート・プレッジ」に署名したと発表した。クライメート・プレッジは、アマゾンとグローバル・オプティミズムが共同で立ち上げた誓約で、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目標よりも10年早い2040年までに、ネットゼロ・カーボンの達成を目指す。新たに署名した5社は、温室効果ガス排出の定期的な測定と報告、パリ協定に沿った脱炭素化戦略の実行、カーボン・オフセットによるカーボン・ニュートラル化による2040年までの年間炭素排出のネットゼロ実現に同意し、各社それぞれの取り組みを進める。(C)時事通信社