【ワシントン時事】トランプ米大統領は1日、2021会計年度(20年10月~21年9月)連邦政府の暫定予算案に署名し、12月11日までの短期予算が成立した。予算案は9月30日までに上下両院で可決された。11月の大統領選前に予算が切れ、政府機関の一部が閉鎖される事態は回避される。
 議会では与野党の対立が激化し、予算や財政策の審議に影響している。双方は大統領選の混乱を回避するため、短期間の予算成立を目指すことで合意。実現が遅れている追加の新型コロナウイルス経済対策は別途、協議を続ける。 (C)時事通信社