国内外で開発が進む新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は2日、接種を受ける全国民の費用を無料にする方針を厚生科学審議会の分科会に提示し、了承された。重症者数や死者数を減らすため、接種の努力義務を国民に課すことも盛り込んだ。
 同省は、接種費無料化などを盛り込んだ予防接種法改正案を今月下旬に召集予定の臨時国会に提出し、成立を目指す。
 了承された方針によると、新型コロナのワクチン接種は、疾病のまん延予防上緊急の必要がある時に行う予防接種法の「臨時接種」の枠組みで行う。実施主体となる市町村が接種勧奨し、費用は無料とする。
 接種で健康被害が出た国民の救済制度も整備し、救済額は現行の制度下で最高水準にする。健康被害が出た場合、製薬会社が負う補償を国が肩代わりする。 (C)時事通信社