英製薬大手アストラゼネカは2日、英オックスフォード大学と共同で開発を進める新型コロナウイルスのワクチンについて、日本国内での臨床試験(治験)を再開したと発表した。同社は9月6日、日本も含め世界各地で進めていた治験を一時中断。その後、英国やブラジルなどで再開している。
 同社のワクチン開発は世界的に先行。日本政府も同社から1億2000万回分の供給を受けることで基本合意している。 (C)時事通信社