【キエフAFP時事】新型コロナウイルスに感染していたウクライナのポロシェンコ前大統領(55)が入院した。マリーナ夫人が3日、フェイスブックに投稿した動画で明らかにし「夫は肺炎と闘い、気丈に振る舞っている」と述べた。
 ポロシェンコ氏は9月29日、検査で陽性だったと公表した上で、自宅で療養すると説明していた。ウクライナではこれまでにティモシェンコ元首相、ゼレンスキー大統領のオレーナ夫人が感染し、回復している。 (C)時事通信社