【パリ時事】フランス首相府は4日、首都パリと周辺地域の新型コロナウイルス警戒レベルを「最高」に引き上げると明らかにした。詳細な規制に関しては、パリのイダルゴ市長が5日に記者会見で明らかにする。6日以降、バーの営業が禁止される一方、レストランの休業は回避される見通し。仏紙ルモンドなどが報じた。
 ルモンドによれば、対象地域のレストランは感染防止対策を徹底した上で営業が許可される。また、大学は同一講義に出席する学生の数を半減させる必要がある。 (C)時事通信社