米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者数が日本時間5日、累計3500万人を超えた。9月中旬に3000万人に達してから半月余りで500万人増えた。米国(約742万人)、インド(約662万人)、ブラジル(約492万人)の3カ国で半数以上を占める。
 各国で経済活動の再開や移動制限の緩和が進む中、新規感染者数が増加傾向にある欧州や米ニューヨークなどでは規制の強化に乗り出している。世界の死者は103万7000人超で、内訳は米国(約21万人)、ブラジル(約15万人)、インド(約10万人)など。 (C)時事通信社