読売新聞大阪本社は5日、編集局に勤務する20代の女性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性記者は自宅療養中で、同社は同じ職場で勤務する記者数人に自宅待機を指示した。
 同社によると、女性記者は9月28日、のどの痛みや鼻詰まりなどの症状が出て医療機関を受診。その後、においを感じなくなったため、10月4日にPCR検査を受け、5日に陽性が判明した。
 同社は「感染防止策を徹底させ、必要な措置を取っていく」としている。 (C)時事通信社