岸信夫防衛相は6日の閣議後記者会見で、陸上自衛隊朝霞駐屯地で同じ教育課程に参加した女性隊員が、新型コロナウイルスに集団感染したことについて「感染症対策の徹底が不十分だった可能性は極めて高い」と述べた。その上で、5日に改めて対策の徹底を隊員に指示したと明らかにした。
 これに関し、防衛省陸上幕僚監部は6日、新たに隊員3人の感染が確認され、計31人になったと発表した。 (C)時事通信社