全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは6日、新型コロナウイルス対策に関し、田村憲久厚生労働相とテレビ会議で意見交換した。終了後に取材に応じた飯泉会長によると、田村氏は軽症や無症状の患者であっても、知事が必要と判断し、病床が確保されている場合は、原則として入院させることを認める考えを示した。
 軽症や無症状の患者の入院について、厚労省は感染症法の運用を見直し、原則として高齢者らに限定する方向で検討している。飯泉会長が軽症者らも入院を原則とするよう求めると、田村氏は理解を示し、省令で対応すると約束したという。 (C)時事通信社