【ビジネスワイヤ】賞金付きコンテストを実施する米Xプライズは、新型コロナウイルス感染を防止する新たなサージカルマスクの設計を目指す「次世代マスク・チャレンジ」に過去最高数の応募があったと発表した。5カ月間のコンテストに世界70カ国以上から千件近いエントリーが集まった。Xプライズによれば、現状のマスクはフィット感、快適さ、ファッション性で劣り、優れたマスクには入手性や価格面の問題がある。次世代マスク・チャレンジは若者に限定して新たなマスクの設計を呼び掛け、量産可能な優れたマスク設計を選び出す。優勝者は年内に発表される。(C)時事通信社