陸上自衛隊朝霞駐屯地で教育課程に参加した女性隊員が新型コロナウイルスに感染した問題で、防衛省陸上幕僚監部は7日、新たに20代の女性隊員1人が感染したと発表した。これで感染者は計32人となった。
 陸幕によると、女性隊員はPCR検査で陰性だったが、その後発熱し、再検査で陽性となった。この隊員も、感染拡大につながった可能性が指摘されるバーベキューに参加していた。
 一部の隊員は、バーベキュー後にカラオケに行っていたことも判明。陸幕はこのほか、感染隊員と接触した20代隊員4人も感染したと発表した。 (C)時事通信社