新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領夫妻に見舞いのメッセージを寄せるため、菅義偉首相がツイッターに書き込んだ英文に対し、自民党内から7日、「英語のレベルがあまりに低い」などと問題視する声が上がった。
 投稿は3日。「親愛なるトランプ大統領へ」と書き出し、「コロナに感染したとのツイートを見て心配した」「速やかに克服し、日常を取り戻すことを祈る」などと平易な英語でつづった。これに関し、7日の自民党外交部会で出席者から「表現が不自然」「和文を自動翻訳したのでは」といった意見が出された。
 指摘を受け、外務省の吉田朋之外務報道官は記者会見で「英訳に関しお手伝いすることがあればしていると思うが、経緯は承知していない」と釈明。省内からは「確かにちょっとくだけている。改善した方がいい」との声も漏れた。 (C)時事通信社