ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京都大教授は7日、今年の化学賞に選ばれた米カリフォルニア大バークリー校教授のジェニファー・ダウドナさんに対し、「グラッドストーン研究所の同僚として、心からお喜び申し上げます。クリスパー・キャス9を使ったゲノム編集技術は、医学のみならず全生命科学における画期的な発見であり、そのご業績に心から敬意を表します」とのコメントを出した。 (C)時事通信社