【サンパウロ時事】ブラジル保健省は7日、新型コロナウイルスの累計感染者が500万694人、死者が14万8228人となったと発表した。500万人を超えたのは米国、インドに次ぎ3カ国目。死者数は米国に次いで世界で2番目に多い。前日から感染者数は3万1553人、死者数は734人増えたが、増加ペースは共に7月末のピーク時の半分程度に収まっている。
 各地では6月に始まった経済規制緩和の動きが広がりを見せており、リオデジャネイロでは今月に入って音楽のライブ活動が条件付きで解禁。街角に半年ぶりに「ホーダ・ジ・サンバ」と呼ばれるサンバのバンド生演奏の調べが戻ってきた。 (C)時事通信社