田村憲久厚生労働相は9日の閣議後記者会見で、オンライン診療をめぐり「安全性と信頼性をベースに、初診を含め原則解禁する」と表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた特例として認められている、初診からのオンライン診療を恒久化する。河野太郎規制改革担当相、平井卓也デジタル改革担当相と8日に協議し、こうした方針で一致した。
 電話による診療は対象外とし、映像を原則とする。田村氏は今後の検討に関し「専門家の話も聞いた上で、3大臣の間で詳細を詰める。なるべく早くやるが、安全性確保のための時間は必要だ」と語った。河野氏は今回の方針について、同日の閣議後記者会見で「規制改革として、非常に重要な合意だ」と強調した。 (C)時事通信社