東京都の小池百合子知事は9日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり自身が3月に「ロックダウン(都市封鎖)」の可能性に言及したことについて「正しかった。多くの都民、国民が感染症に対する意識を高められた」と述べた。
 日本の法令では欧米のような強制的な移動制限はできない。有識者による「新型コロナ対応・民間臨時調査会」は8日まとめた報告書で、小池氏発言によって国民に誤解されるとの懸念が政府内で広がったと指摘。西村康稔経済再生担当相は「(小池氏発言を受け)結果として緊急事態宣言が遅れた」と調査会に証言した。 (C)時事通信社