新型コロナウイルスの感染を防ぐ新しい生活様式で、「人との間隔を十分取れない会話ではマスクを着ける」ことを実行している人は8割以上に達していることが、時事通信社が9月に行った世論調査で分かった。
 調査は9月11~14日、全国の満18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は63.0%だった。
 間隔を十分取れない会話でのマスク着用は「以前からそうしている」(13.4%)と「コロナ後ほぼ実践できている」(70.2%)を合わせて83.6%。「注意しているが、できないこともある」は13.3%だった。
 帰宅後の手洗いは「以前から」(37.8%)と「ほぼ実践」(49.2%)を合わせた87.0%が実行。せっけんで30秒程度かけるか、手指消毒液を使うという人(「以前から」「ほぼ実践」の計)は67.4%だった。
 一方、感染時の接触者把握に役立つ会った人の記録については「以前から」「ほぼ実践」を合わせて11.3%にとどまり、「気にしていない」が64.3%と大半だ。「注意しているが、できないことも」は23.3%。
 集団感染が発生しやすいとされる場所に行くことについて、自分の考えに近いものを四つの選択肢から選んでもらったところ、「基本的に行かない」という慎重派が50.8%。他は「3密の有無を考えて決める」(22.7%)と「十分に注意した上で行きたい所に行く」(23.8%)に分かれた。「気にせず行きたい所に行く」は2.3%。 (C)時事通信社