【バチカン市AFP時事】フランシスコ・ローマ教皇(83)を警護するスイス衛兵4人が、新型コロナウイルス検査で陽性となった。バチカン(ローマ教皇庁)が12日、発表した。いずれも症状があり、隔離されている。
 バチカン報道官は声明で「当面は任務中か否かにかかわらず、全ての衛兵が屋内でも屋外でもマスクを着用する」と説明した。スイス衛兵は赤、青、黄のカラフルな制服やダチョウの羽毛をあしらったヘルメットを身に着け、観光客に人気がある。現在は100人以上の隊員がいる。 (C)時事通信社