【ビジネスワイヤ】手術支援ロボット技術の米トランスエンテリックスは、豊島病院が同社のロボット手術システム「Senhance」を使用してデジタル腹腔(ふくくう)鏡手術プログラムを開始すると発表した。Senhanceは、触覚フィードバック制御やアイセンシング・カメラ制御などの機能を備え、腹腔(ふくくう)鏡手術にデジタル機能を追加する。保険適応の範囲が広く、経済性に優れる。日本では最近、研修センターも導入された。(C)時事通信社