【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は14日、2番目の新型コロナウイルスの国産ワクチンが承認されたことを明らかにした。閣僚とのテレビ会議で語った。ロシアは8月に世界で初めて国産ワクチンを承認している。
 2番目のワクチンは、シベリアのノボシビルスク州にある国立ウイルス学・生物工学研究センターが開発した。新型コロナ対策を担当するゴリコワ副首相は「副作用もなく、高い安全性を有している」と主張した。ロシアのワクチンをめぐっては、承認までのスピードが速く、安全性を疑問視する見方がある。 (C)時事通信社