【ロンドン時事】英ロンドンで、新型コロナウイルス感染の警戒度が17日から引き上げられることになった。ハンコック保健相が15日下院で発表した。これに伴う規制強化により、市内ではパブやレストラン、自宅など屋内での世帯間交流が禁じられる。
 イングランドでは先週、地域の感染程度に応じた3段階の警戒制度が導入された。ロンドンは最も低い「中程度」だったが、17日以降は一段階高い「高度」に指定される。ハンコック氏は「国を前進させるため、重い気持ちで(規制強化を)決断した」と国民に理解を求めた。
 英国では最近、イングランド北部を中心に感染が急拡大。人口の多いロンドンでも感染例が急増し、抑制へ対応が急がれていた。ただ、首都の規制強化により、既に深刻な打撃を受けている国内経済へのさらなる影響が懸念されている。 (C)時事通信社