東北大学と島津製作所は16日、呼気から新型コロナウイルスに感染しているかを調べる検査機器を開発したと発表した。鼻の粘膜や唾液を用いた検査よりもストレスが少なく、PCR検査と同程度の精度がある。半年ほど臨床研究を重ね、数年以内の実用化を目指す。
 専用の装置に5~10分ほどかけて息を吹き込み、水分を採取。その中に含まれるウイルス由来のタンパク質などを解析し、感染の有無や重症化のリスクを判定する。これまでの研究では、陽性患者の息からウイルスを正確に検出できることを確認した。 (C)時事通信社