【ワシントン時事】トランプ米大統領は19日、政権に新型コロナウイルス対策を助言する国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長について、「この男は大惨事だ」と非難した。米メディアが伝えた。大統領選を2週間後に控えコロナ感染が再び拡大する中、感染症の「権威」への攻撃を強めた。
 トランプ氏は同日参加した選挙イベントで「人々はコロナにうんざりしている。ファウチや間抜けどもの言うことに飽き飽きしている」と述べ、経済活動の再開に慎重なファウチ氏を批判。一方、「彼らの言うことを聞いていたら50万人が死んでいた」と語り、自身のコロナ対応を正当化した。
 ファウチ氏は最近、自身の発言がトランプ氏のコロナ対応を称賛したかのように編集されたとしてトランプ陣営の広告を批判。18日のテレビインタビューでは、トランプ氏のコロナ感染について「全く驚かない」と語るなど、同氏のリスク軽視の姿勢に苦言を呈する場面が目立つ。トランプ氏は19日、「彼はいつも爆弾を抱えている」と警戒感もにじませた。 (C)時事通信社