【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は20日までに、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、12月に米当局の緊急使用許可を得られる可能性があるとの見通しを明らかにした。
 モデルナとともに、ワクチン開発で先頭集団を形成する米製薬大手ファイザーも11月後半以降に緊急使用を申請する方針を表明しており、年内に米国でワクチンが実用化される可能性が出てきた。 (C)時事通信社