秋篠宮妃紀子さまは20日夜、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン開催となった「第51回肺の健康世界会議」の開会式を、お住まいの宮邸で視聴された。
 開会式では紀子さまのビデオメッセージが放映され、新型コロナウイルスについて「結核対策に豊富な経験を持つ多くの専門家が、多大な貢献をしてこられていることを大変ありがたいことと思います」と英語であいさつした。
 会議は国際結核肺疾患予防連合(ユニオン)が主催。紀子さまは公益財団法人結核予防会の総裁で、ユニオン名誉会員も務めている。 (C)時事通信社