【ビジネスワイヤ】武田薬品工業、アクセンチュア、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、武田薬品によるデジタル変革の促進で5カ年の提携契約を締結したと発表した。武田薬品はクラウドファーストの技術手法を採用し、アプリケーションの80%をクラウドに移行する。これにより医薬品開発の促進、業務俊敏性の向上、技術経費の削減、労働力の開発などを進める。既に提携によってクラウドを活用し、COVID・R&Dアライアンス向けの臨床試験推進プラットフォームを短期間で実現した。(C)時事通信社