【サンパウロ時事】ブラジル衛生監督庁(ANVISA)は21日、国内で実施している英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で、参加者1人が死亡したと発表した。治験内容と死因の関係など詳細は明かしていないが、試験は継続する方針。
 地元紙グロボは関係者の話として、死亡者はリオデジャネイロの病院で新型コロナ感染者の治療に当たっていた28歳の男性医師で、ワクチンそのものではなく効果を比較するためのプラセボ(偽薬)を投与されていたと伝えた。 (C)時事通信社