富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学(東京)は22日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」(一般名ファビピラビル)の中国展開を目指すと発表した。現地の製薬会社を提携先に選定。海外展開を加速する。
 富山化学は、提携先の「安徽康レイ薬業(ケアリンク)」に対し、中国での「輸入医薬品」承認の申請に必要な臨床データなどを提供。ケアリンクが申請する。両社は錠剤のアビガンの活用法を広げるため、注射剤の共同開発にも取り組む。 (C)時事通信社