沖縄県議会は22日、座波一議員(自民)が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。座波氏を含む自民党会派の県議団18人が18~21日、感染が拡大する先島地方の離島を視察。同行した17人は濃厚接触者と認定され、PCR検査を受ける。
 県などによると、県議団は宮古島や石垣島、与那国島を回り、夜に飲食を伴う会合をしていた。 (C)時事通信社