沖縄県議会は23日、新たに9人の県議について新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。18~21日に先島諸島を視察した自民党会派の県議団18人のうち、既に感染が判明していた1人に加え感染者が計10人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。
 県議会事務局などによると、視察に参加した県議1人の感染が22日に確認された。同行したメンバーがPCR検査を受けた結果、23日に9人の陽性が判明した。
 県議団は与那国島、石垣島、宮古島を回り、夜に飲食を伴う会合をしていたという。 (C)時事通信社