親が育てられない乳幼児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を開設した慈恵病院(熊本市西区)理事長で産婦人科医の蓮田太二(はすだ・たいじ)氏が25日午前11時37分、急性心筋梗塞のため熊本市の病院で死去した。84歳だった。台湾生まれ。葬儀は近親者で行う。
 相次ぐ乳児の遺棄事件などを受けて2006年11月、全国で初めて赤ちゃんポストの設置計画を公表。07年5月から運用を始め、19年度までに155人が預けられた。 (C)時事通信社