東京都は25日、新たに124人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。都内の感染者の累計は3万人を超え、3万33人となった。
 都によると、30代が最多の31人。20代が30人、40代20人と続いた。同日時点の重症者は28人で、前日から3人増えた。
 国内全体では同日、新たに495人の感染が確認された。死者は東京都で2人など計6人増えた。
 宮城県では、1日当たり過去最多となる30人の感染が判明。全員が仙台市内の専門学校に通う外国籍の生徒で、この学校でのクラスター(感染者集団)は48人に達した。
 群馬県では、県警大泉署の警察官1人が新たに陽性と確認され、同署関係者の感染は計10人となった。同署に隣接する大泉交通安全協会は運転免許更新手続きなどの業務を26日から当面停止する。県警は同署員と本部員ら計113人を自宅待機としている。 (C)時事通信社