菅義偉首相は26日夜のNHK番組に出演し、男女問わず不妊治療の保険適用対象を拡充する考えを示した。現状は男女とも一部の症状にしか適用されていないが、対象拡大により、希望する人が誰でも治療を受けやすい環境づくりを図る。
 首相は26日の所信表明演説で、不妊治療の保険適用について早期実現を目指すと表明。不妊の原因が男性側にある場合も少なくなく、番組で「男性も保険適用の対象か」と問われた首相は「そうしたい」と述べた。
 ただ、「(実現には)少し時間がかかることも事実だ。それまでの間は支援策を大幅に拡充したい」と語った。 (C)時事通信社