【サンパウロ時事】南米ベネズエラのマドゥロ大統領は25日、国営テレビの演説で、同国の科学者が新型コロナウイルスを完全に抑制する薬を開発したと主張した。近く世界保健機関(WHO)に効果の承認を求めるという。
 大統領府によると、マドゥロ氏は「ベネズエラはコロナウイルスを100%無力化する薬を獲得した」と強調した。ベネズエラ科学研究院が6カ月をかけ、C型肝炎やエボラ出血熱、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症などの治療に用いる物質を基に開発。同氏は、接種すれば、副作用をもたらさずウイルスが無効化すると述べた。 (C)時事通信社