田村憲久厚生労働相は27日の閣議後記者会見で、初診を含めたオンライン診療の恒久化に関し、具体的な内容について「年内には一定の方向性を示したい」と述べた。
 厚労相は先に、河野太郎規制改革担当相、平井卓也デジタル改革担当相との間で、映像によるオンライン診療を「安全性と信頼性をベースに、初診を含め原則解禁する」方針で一致。厚労相は会見で「限定的な初診解禁にはならない。ある程度広く解禁することを前提に3大臣で検討している」と強調した上で、安全性などを確保する方策を詰める考えを示した。 (C)時事通信社