北海道は28日、新型コロナウイルスの感染状況に応じた5段階の道独自の警戒レベルについて、最も低いステージ1からステージ2に引き上げた。道内の新規感染者が増加し、ステージ移行の目安となる基準を超えたため。今後2週間を集中対策期間とし、新型コロナの特別措置法に基づき対策への協力を求める。
 ステージ2では、出勤の抑制や発熱など体調が悪い場合の外出自粛を要請。飲食を伴う場面での感染リスクを回避する行動を促し、特にクラスター(感染者集団)が相次ぐ札幌市内での徹底を呼び掛ける。 (C)時事通信社