地域医療提供体制の見直しについて国と地方の代表が話し合う会合が29日、東京都内で開かれた。地方側は、新型コロナウイルス対策に集中するべきだとして、国が都道府県に検討を求めている公立・公的病院の再編・統合の結論取りまとめの期限を大幅に延期するよう要望。国側は「引き続き地方の意見を聞きたい」と応じるにとどめた。
 地方側は会合で、受診控えで経営が苦しい医療機関に対する国の財政支援も訴えた。鳥取県の平井伸治知事は、記者団に「再編、整理の話よりも、現実を直視した対応への転換を強く迫った」と強調。今後の地域医療の在り方について、コロナを教訓に、感染症対策を含めた議論が必要になるとの認識を示した。 (C)時事通信社